この子達にとって

本当に地球は「おいしい」?のでしょうか。


国際連合児童基金UNICEF(ユニセフ)が選ぶ2007年のPhoto of the Yearが発表されました。これは31カ国142名のカメラマンの作品1230点から選ばれたもので、世界中の子どもたちが直面している問題が描写されています。

上記の写真は、第1位に選ばれた、Stephanie Sinclair撮影の「Child brides」。
40歳の男性と11歳の少女が結婚したというもの。
少女の両親はお金が必要だったとか・・・勝手な話です。

世界中の人に、「地球はおいしい」と、感じてもらわないと、温暖化防止どころでは無いのかもしれない。

まあ、どっちが先に重要ということは無いのでしょうけれど。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071220_unicef_photo_of_the_year/

(GIGAZIN 2007年12月20日の記事より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。