日本の対策、先進国で最低 温暖化で世界銀行が評価

日本の温暖化対策の進ちょく状況は先進国の中で最下位、世界の排出量上位70カ国の中でも61位と最低レベルにあるとの評価を世界銀行が19日までにまとめた。

1990年代後半からの電力自由化などによって、価格が安いが二酸化炭素(CO2)を多く排出する石炭の利用を増やしてきたことが低評価の最大要因となった。

日本はエネルギーの使用効率が世界でトップレベルとされるが、各国の効率アップでその優位性が薄れてきた上、風力などの自然エネルギーの利用拡大も進んで いない。石炭への依存傾向も2006年度の使用量が前年度比1・2%増と変わっておらず、政府は今後、電力などのエネルギー供給体制を中心に抜本的な対策 の見直しを迫られそうだ。

分析では、日本はGDPや人口の伸びから予想される以上にCO2排出量が増加していることが判明。
2008/01/19 18:06 【共同通信】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。